都市基盤整備公団法 – 住宅・都市整備公団とは

    (法人税法の一部改正) 第六十二条 法人税法の一部を次のように改正する。 別表第一第一号の表中住宅・都市整備公団の項を削り、中小企業金融公庫の項の次に次のように加える。

    サマリー
    [PDF]

    都市基盤整備公団 地域振興整備公団 (地域振興整備公団の業務は、(独)都市再生機構と(独)中小 企業基盤整備機構に承継されており、右は、前者に承継した 「旧地方都市開発整備等業務」に係る政府出資額のみを記載) 政府出資額

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 都市基盤整備公団の用語解説 – 都市地域等における居住環境の向上・都市機能の増進を目的として設立された特殊法人。都市基盤整備公団法 (平成 11年法律 76号) に基づき,1999年に住宅・都市整備公団を改称し発足した。

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 住宅・都市整備公団の用語解説 – 住宅・都市整備公団法 (昭和 56年法律 48号) に基づいて設立された特殊法人。日本住宅公団,宅地開発公団が統合されたもの。住宅事情の改善を特に必要とする大都市地域その他の都市地域において,健康で文化的な生活

    2004年 7月1日、都市基盤整備公団(通称:都市公団)と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門が統合され、設立された。運営形態、業務範囲などは独立行政法人都市再生機構法によって定められている。主な収益はur賃貸住宅の家賃収入や市街地整備に

    正式名称: 独立行政法人都市再生機構
    [PDF]

    住宅・都市整備公団 1981年 都市基盤整備公団 1999年 独立行政法人 都市再生機構 (ur都市機構) 2004年 名称(愛称) 独立行政法人都市再生機構(UR都市機構) 設立年月日 平成16年7月1日 根拠法 独立行政法人都市再生機構法・独立行政法人通則法 主務大臣

    不動産の重要事項説明書の都市計画法・建築基準法以外のその他の法令に基づく制限において新都市基盤整備法という項目があり新都市建設に適用される制度です。ここでは新都市基盤整備事業など新都市基盤法についてわかりやすく説明しています。

    UR都市機構の公式サイトです。都市再生、賃貸住宅、災害復興の分野で、未来につながる“まち”をつくっていきます。

    「東京都における市街地再開発事業の概況(都市再開発法制定50周年記念版)」の発行について. 2019年11月14日. 令和元年度東京都都市整備局一般非常勤職員(清算金事務専門員)の募集について. 2019年11月 0 5日

    旧日本住宅公団と旧住宅・都市整備公団名義の抵当権や買戻権の抹消登記を行う場合、事前に(同時に)権利承継の手続をする必要がある場合があります。それは、これらの公団が昭和56年10月1日に合併して住宅・都市整備公団が発足し、その後、平成11年10月1日に都市基盤整備公団が設立され

    [PDF]

    66 都市基盤整備公団V形溝 c d b b a e 5C 5C 縦筋 横筋 f 100 100 700 55 5 5 5 85 80 500 R 意) ※ R-3.0m R-5.0m R-12.35m VB-250、曲線部用※ V形溝寸法表

    [PDF]

    都市基盤整備公団の新たな事業展開 森下 憲樹 平成11年10月1日に住宅・都市整備公団は解散し、新たに都市基盤整備公団が発足し た。以下では都市基盤整備公団の設立経緯、改革の内容及び新公団における

    【登辞林】(登記関連用語集) [と] 都市基盤整備公団 平成11年10月1日設立。都市基盤整備公団法(平成11年法律第76号)附則第6条第1項の規定により、住宅・都市整備公団を承継。

    新都市基盤整備法(しんとしきばんせいびほう)は、新都市基盤整備事業について定める日本の法律である。. 構成 [編集]. 第1章 – 総則(第1条 – 第6条) 第2章 – 新都市基盤整備事業 第1節 – 新都市基盤整備事業の認可等(第7条 – 第9条)

    条文リンク: e-Gov法令検索

    住宅・都市整備公団(じゅうたく・としせいびこうだん) 住宅・都市整備公団(じゅうたく・としせいびこうだん)は、かつて存在した特殊法人。住宅・都市整備公団法により、都市地域の居住環境の良好な集団住宅及び宅地の大規模な供給や市街地開発事業を目的に1981年10月1日設立され

    新都市基盤整備法(以下「法」という。)第2条第5項の根幹的な公共の用に供する施設として政令で定めるものは、次に

    [PDF]

    日本住宅公団 宅地開発公団 住宅・都市整備公団 都市基盤整備公団 独立行政法人 都市再生機構 平成16年7月1日設立 地域振興整備公団 地方都市開発整備部門 その他の部門 昭和30年 1955年 50年 1975年 56年 1981年 平成11年 1999年 平成16年 2004年 1-1.都市再生機構の

    ・都市基盤整備公団法制定(同公団に施行機能付与) 平成 12 年 (2000) ・都市再生区画整理事業の拡充(既成市街地における土地区画整理事業に対する汎用的な制度として抜本的に見直し。平成12年度1次補正予算で拡充) 平成14年(2002)

    新都市基盤整備法に規定する新都市基盤整備事業. 施行区域面積100ha以上. 75ha以上100ha未満. 流通業務市街地の整備に関する法律に規定する流通業務団地造成事業. 施行区域面積100ha以上. 75ha以上100ha未満. 港湾法に規定する港湾計画の決定又は決定後の港湾計画

    3 都市基盤整備公団が都市基盤整備公団法(平成十一年法律第七十六号)第二十八条第一項第十一号の業務として公園施設を設け、又は管理しようとするときは、都市基盤整備公団と公園管理者との協議が成立することをもつて前項の許可があつたものと

    この場合において、同項中「都市基盤整備公団が都市基盤整備公団法(平成十一年法律第七十六号)第二十八条第一項第十一号」とあるのは「独立行政法人都市再生機構が独立行政法人都市再生機構法附則第十二条第一項第二号」と、「、都市基盤整備公団

    公拡法とは行政側が土地を優先的に取得することができる法律です。一定規模以上の土地を売買する場合、契約前に都道府県知事に届出しなければなりません。特に都市計画道路は注意が必要です。ここでは公有地拡大推進法(公有地の拡大の推進に関する法律)とはなにかわかりやすく説明し

    このような状況の中で、住都公団の役割の見直しが検討され、数次の閣議決定を踏まえ、住都公団の解散及び都市基盤整備公団の設立を内容とする都市基盤整備公団法(平成11年法律第76号)においては、分譲住宅については再開発を伴うもの等以外からの

    [PDF]

    筑波研究学園都市は、試験研究や教育にふさわしい研究学園都市の建設、均衡のとれた 田園都市の整備及び首都圏の既成市街地における人口の過度集中の緩和を目的として、筑 波研究学園都市建設法(昭和. 45 年法律第73 号)に基づき整備された都市である。

    住宅・都市整備公団(じゅうたく・としせいびこうだん)は、かつて存在した特殊法人。 住宅・都市整備公団法により、都市地域の居住環境の良好な集団住宅及び宅地の大規模な供給や市街地開発事業を目的に1981年10月1日設立され、日本住宅公団ならびに宅地開発公団の業務を承継した。

    独立行政法人都市再生機構は、機能的な都市活動及び豊かな都市生活を営む基盤の整備が社会経済情勢の変化に対応して十分に行われていない大都市及び地域社会の中心となる都市において、市街地の整備改善及び賃貸住宅の供給の支援に関する業務を行う

    [PDF]

    産炭地域振興事業団→昭47.10工業再配置・産炭地域振興公団 (*1) →昭. 49.8. 地域振興整備公団 (*1) → 平16.7独立行政法人都市再生機構(注) (注) 地域振興整備公団の産業系部門を除く。 目 的 機能的な都市活動及び豊かな都市生活を営む基盤の整備が社会経

    土地区画整理事業の公共団体施行と都市基盤整備公団施行 公共団体施行の認可権者は都道府県施行のときは国土交通大臣、市町村施行のときは都道府県知事(法52条)

    その住宅・都市整備公団も、平成11年に都市基盤整備公団が設立されたため解散し、更に、平成16年には都市基盤整備公団も解散し、現在の独立行政法人都市再生機構(ur都市機構)が発足しました。

    土地区画整理事業の公共団体施行と都市基盤整備公団施行 公共団体施行の認可権者は都道府県施行のときは国土交通大臣、市町村施行のときは都道府県知事(法52条)

    都市基盤整備公団法が去る6月16日公布施行され、現在10月1日新公団発足に向けて現在準備が進められている。 新公団での主要な業務内容は、住宅・宅地の大量供給から、都市の基盤整備に業務の重点を移

    2.不十分な都市の交通基盤 都市の現状と課題平成13年7月5日 社会資本整備審議会 都市計画分科会 2.不十分な都市の交通基盤空港や港湾、道路などの施設については、十分な整備がなさ れておらず、国際競争力の低下を招いている。公共交通機関のバリアフリー化も不十分。

    13. 地域振興整備公団の行う土地区画整理事業の施行に関する省令 ( 昭和49年建設省令第9号 ) 法令沿革: 審議経過 : 改正 14. 新都市基盤整備法施行規則 ( 昭和50年 3月24日建設省令第4号 )

    [PDF]

    都市整備(ニュータウン開発、研究学園都市の建設) [多摩NT、関西文化学術研究都市 等(271地区、約38,000ha)] 土地有効利用(細分化土地、工場跡地等の取得、整形化、基盤整備等)

    [PDF]

    都市基盤整備公団型l形街きょます(lm-35) 60 400 60 110 300 110 520 上部 下部 φ 4φ 60 400 60 110 300 110 520 φ4 60 20 200 700 150 350 350 40 40 140r 140r 100 100 30 30 340 100 6 70 30 310 516 600 120 310 70 30 60 60 90 60 5 φ4 14 85 φ6 φ6 390 290 250 340 30 70 30 60 600 220 220 100 r20 ふ た コ形縁塊 縁 石 側

    [PDF]

    公団では,計画中の事業がすべて終了するまでの51年間に3兆4615億円が必要とされている。その他,石 油公団では21年間に1兆8242億円,都市基盤整備公団では80年間に1兆2342億円,本州四国連絡橋公団で は54年間に6306億円,が必要とされている。

    土地区画整理事業とならんで代表的な市街地開発事業のひとつである市街地再開発事業の説明です。 都市化の急激な進行により、住環境の悪化した地域を、快適で安全なまちにつくりかえる事業です。

    その住宅・都市整備公団も、平成11年に都市基盤整備公団が設立されたため解散し、更に、平成16年には都市基盤整備公団も解散し、現在の独立行政法人都市再生機構(ur都市機構)が発足しました。

    [PDF]

    ・平成11年の都市基盤整備公団の設⽴に伴い、従来の原価を基準とする家賃制度から、近傍同種の住 宅の家賃の額を基準とする、いわゆる市場家賃制度に変更 機構の家賃制度も 都市公団と同様に 独⽴⾏政法⼈都市再⽣機構法において 近傍同種の家賃の

    [PDF]

    第6章 UR都市機構のまちづくり誘導手法への関わり 1.密集市街地整備への取り組み 独立行政法人都市再生機構(以下「UR都市機構」という。)は、前身の住宅・都市 整備公団、都市基盤整備公団の時代より、住宅市街地総合整備事業(密集住宅市街地

    都市基盤整備公団: 1999年10月に住宅・都市整備公団から改組されて設立された特殊法人で、 ニュータウン開発、年再生事業、災害復興支援事業、ur賃貸住宅の開発・管理などを行っていました。

    都市再生機構(としさいせいきこう)とは。意味や解説、類語。平成16年(2004)都市基盤整備公団、地域振興整備公団の地方都市開発整備部門ほかが統合して設立された独立行政法人。独立行政法人都市再生機構法に基づく。都市基盤整備公団から継承した賃貸住宅等の管理や住環境、市街地の

    [PDF]

    地域振興整備公団 ur都市機構 都市基盤整備公団 住宅・都市整備公団 宅地開発公団 1958年 多摩平団地テラスハウス 1958年 晴海高層アパート 1957年 蓮根団地2dk 1951年 公営住宅51c型 1947年 都営高輪アパート 1927年 同潤会代官山アパート 1917年 三角錫子邸

    昭和50年 3月18日建設省令第3号〔都市計画法施行規則及び建築基準法施行規則の一部を改正する省令附則二項による改正〕 被改正法令: 審議経過 平成11年 9月27日号外建設省令第41号〔都市基盤整備公団法施行規則附則九条による改正〕

    [PDF]

    解散し,その権利義務は都市基盤整備公団が承継した。また,都市基盤整備公団は ,独立行政法人都市再生機構法の成立により,平成16年7月1日に解散し,その 権利義務は上告人が承継した。 2 本件は,被上告人らが,住宅公団は,本件各譲渡契約を締結

    [PDF]

    20 原告は,普通地方公共団体であり,法所定の事業主体(法2条16号)であ る(弁論の全趣)。 被告は,昭和 年 月 日生まれの女性であり,原告の住民である(乙57)。 住宅・都市整備公団は,平成8年1月30日当時,本件居室を所有していた

    2016年12月31日. 井澤式 建築士試験「実例」暗記法 No.6(公営住宅標準設計51C型・晴海高層アパート・ひばりが丘団地・草加松原団地・泉北ニュータウン・代官山ヒルサイドテラス)

    ・当該区画整理事業は,平成10年に国の再評価制度において,事業主体である都市基盤整備公団が「継続」とした。また,平成12年,政府与党による公共事業再評価について,東部地区は「中止」となり,操車場内は継続すべき事業となっている。

    [PDF]

    ⑤市町村、独⽴⾏政法⼈都市再⽣機構(旧都市基盤整備公団)、独⽴⾏政法⼈中⼩企業基盤整備機構(旧地域振興 整備公団)、⼟地開発公社等が市街化区域内で転⽤する場合 等 Ⅲ転⽤⼿続き(農地法第4条第2項) (1)申請⼈:農地を転⽤しようとする者

    2004年: 中小企業総合事業団(信用保険部門を除く)、地域振興整備公団(地方都市開発整備等業務を除く)、産業基盤整備基金(省エネ・リサイクル分を除く)の業務を統合し、独立行政法人中小企業基盤整備

    [PDF]

    ・都市基盤整備公団のFEP- Ⅱ艶有り品質基準に合格する品質です。 ・重金属などの有害物質は一切含まない水性塗料ですので安全であり室内の塗替えに最適です。 【塗料性状】 容 量 16kg,3Kg 色 白,原色及び調色品 光 沢 艶有り

    2004年、行政改革の煽りを受けて都市基盤整備公団と地域振興整備公団の地方都市開発整備部門が統合され、都市再生機構が設立された。初代理事長には都市基盤整備公団総裁の伴襄が就任。これにより賃貸住宅の名称は公団住宅からur賃貸住宅に変わった。

    この場合において、同項中「都市基盤整備公団が都市基盤整備公団法第二十八条第一項第十一号」とあるのは「独立行政法人都市再生機構が独立行政法人都市再生機構法附則第十二条第一項第二号」と、「、都市基盤整備公団」とあるのは「、独立行政法人

    「都市基盤整備公団法」 (としきばんせいびこうだんほう) 1999年6月16日公布 2003年12月18日最終改正 都市基盤整備公団は、「日本住宅公団」(1955年設立)と「宅地開発公団」(75年設立)が合体して設立された「住宅・都市整備公団」(81年設立)が解散後、99年に発足しました。

    旧 住宅・都市整備公団等(現 独立行政法人都市再生機構)の買戻権抹消と抵当権抹消登記は少し特殊なので注意が必要です。名義人に合併等がある場合、前提として、権利の移転登記が必要となりますが、都市再生機構の場合、買戻権移転と抵当権移転については

    都市再生機構法そのものは,近年の傾向では出題されない 昭和53年までは,「日本住宅公団」〔「住宅・都市整備公団」→「都市基盤整備 公団」の前身〕の内容についての出題がありましたが,当時は「地方住宅供給公社法」や「公営住宅法」なども出題されていた時代で,現在の税法その他

    [PDF]

    5)設置者 都市基盤整備公団(現 (独)都市再生機構) 6)建築確認 2001 年4月5日 7)竣工年月 2003 年12月9日(建築基準法に基づく完成検査済証) 8)設計者 都市基盤整備公団神奈川地域支社(現(独)都市再生機構神奈川地域支社)

    【新都市基盤整備事業】 人口の集中の著しい大都市の周辺の地域において,新都市を建設するために行う事業で土地整理等により根幹公共施設及び開発誘導地区のための土地を整理する。

    [PDF]

    13-400 平成14年 3 月 1 日 横浜市建建指指令第1439号 戸塚 区下倉田615(Ⅱ敷地) 都市基盤整備公団 神奈川地域支社 法第86条1項 13-401 平成14年 3 月 1 日 横浜市建建指指令第1441号 戸塚 区下倉田615(Ⅲ敷地) 都市基盤整備公団 神奈川地域支社 取消 h17.1.31