new england journal of medicine 症例報告 – 「緊急感染症情報リリース」

    NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

    リプリント · テキスト検索ヘルプ · 投稿規定 · 転載許諾 · 日本語アブストラクト · 広告掲載
    [PDF]

    ※本書は2010年3月のthe new england journal of medicine 投稿規定をもとに作成されました。 投稿規定は随時変更されますので、投稿時には必ず最新の投稿規定をご確認ください。 the new england journal of medicine 誌 名 the n ew eng land journa of m dicine 略誌名 n engl j med

     ·

    The New England Journal of Medicine (NEJM) is a weekly general medical journal that publishes new medical research and review articles, and editorial opinion on a wide variety of topics of

    2016.11.30 | ニュース セロトニン症候群で死亡、46歳女性は目が勝手に動いていた 台湾から症例報告 from The New England journal of medicine

    The New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載された論文から、NEJM編集部が厳選した写真やイラストを取り上げた2018年カレンダーが発行されています。カレンダーの8月には当院の渕﨑宇一郎医師が【Images in Clinical Medicine】に報告した症例の写真が掲載されてい

    New England Journal of Medicine 症例を報告した救急医のオーティス・ウォレン氏はCNNの取材に対し、患者が「青くなる」症例はこれまでに1度しか見た

    The New England Journal of Medicine(NEJM)は、2012年で創刊200周年を迎えた。創刊された1812年は江戸時代後期にあたるが、この頃米国で創刊された医学雑誌がいまも発行され、いまも世界でもっとも権威ある医学雑誌であり続けているのは感慨深い。

    症例を決めます。 The New England Journal of MedicineのCase records of the massachusetts general hospitalのなかから、症例を一つ決めます。 これまでに取り上げていないものを選んでください。昨年度までに勉強会で取り上げたものについては一覧があります。

    湘南鎌倉総合病院(神奈川県)の吉田直記・外傷センター医師(後期研修医3年目)は、世界五大医学雑誌のひとつで200年以上の歴史を有する『The New England Journal of Medicine』の「IMAGES IN CLINICAL MEDICINE」のコーナーに論文が掲載された。

    『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』(英語:The New England Journal of Medicine、略称:N Engl J Med または NEJM)は、マサチューセッツ内科外科学会によって発行される、英語で書かれた査読制の医学雑誌である。

    出版社: Massachusetts Medical Society

    【論文発表】小児科学/秋田千里助教・犀川 太教授の症例報告「Gastric Gyri – Pediatric Ménétrier’s Disease」がThe New England Journal of Medicine誌に掲載されました

    (スペシャリストの視点)第4回 前立腺がん転移例へのアパルタミド併用―TITAN研究 ・・・ 最新臨床ニュースをm3.comが配信!

    New England Journal of Medicine誌に脂肪塞栓症候群の症例報告が出ていましたので、今回は脳脂肪塞栓症についての話題です。脂肪塞栓症候群(fat embolism symdrome)は膵炎や静注用脂肪乳剤など様々な原因でおきますが、長管骨や骨盤の閉鎖骨折後が最も多く、組織から

    歯の痛みを止めるために市販の鎮痛用局所麻酔薬を使用したら血液が青くなった/New England Journal of Medicine (CNN)歯の痛みを止めるために市販の

    dr徳田の英語論文書き方のツボ筑波大学附属水戸地域医療教育センター水戸協同病院総合診療科教授徳田安春「症例報告の書き方」その1:症例報告のタイトルを書く症例報告を書くみなさん、こんにちは。本誌のおもな読者である多忙な内科医師は、珍しい疾患や症候群を呈した症例や、予期し

    米疾病対策センター(cdc)は10月31日、電子タバコの使用に関連した重篤で死に至る可能性もある肺疾患の報告が1,888件に達したと発表した。1週間前の1,604件から急増し、アラスカ州を除いた全ての州から症例が報告されているという。 報告によれば、電子タバコ関連の肺疾患による死亡者数も

    Dec 28, 2015 · 今日紹介するマサチューセッツ総合病院からの論文は、一人のALK遺伝子の転座が引き金になって起こった非小細胞性肺ガン患者さんの症例報告で12月23日号のThe New England Journal of Medicineに掲載された。

    「ヒポクラ × マイナビ」にご登録いただくと 「the new england journal of medicine」 オンライン版に掲載されている下記のコンテンツが 費用負担なしで閲覧 いただけます。 ぜひこの機会にご利用くださ

    The New England Journal of Medicine: 年月: September 2019 : タバコその他の関連製品を使用し、画像で肺浸潤が認められ、他の原因によらない肺疾患症例の報告が求められ、患者へのインタビューを実施した。 82件が報告され、うち53名が電子タバコ関連肺疾患の

    左目のまぶたが上がらなくなった68歳男性. アメリカのハーバード大学とブリガム・アンド・ウィメンズ病院の医師が、重症筋無力症と診断された68歳男性の写真を、医学誌『New England Journal of Medicine』に報告しました。

    (研修最前線)癌性髄膜炎、4つの選択肢と治療の実際【研修最前線】 ・・・ 最新臨床ニュースをm3.comが配信!

    医療関係の学術誌において、ある男性の虹彩が輝くという珍しい症例が報告された。 家族に「緑内障」の病歴があることを告白 . 11月13日に発表された学術誌「 The New England Journal of Medicine 」によれば、その男性患者(44

    1週間前の1604件から急増し、アラスカ州を除いた全ての州から症例が報告されているという。 死亡)を対象とした研究結果を「New England Journal

    3.New England Journal of Medicine緊急リリースの症例報告 以下は、医学雑誌New England Journal of Medicineが2003年3月31日付けで、無料公開しているSARS関連の緊急情報である。 A Cluster of Cases of Severe Acute Respiratory Syndrome in Hong Kong. K.W. Tsang and Others

    という気がするのだが、いずれもがれっきとした医学雑誌に載っている症例報告なのである。 力が強い医学雑誌 New England Journal of Medicineの前身

    約200年にわたる歴史を有し,世界で最も権威ある週刊総合医学雑誌、『The New England Journal of Medicine(NEJM)』掲載の症例集(Case Records)をリーディング素材に、医学英語を総合的に学びます。

    17歳の少年の右眼球内に「吸虫」と呼ばれる寄生虫が侵入し、失明することになったという恐ろしい症例報告が、2017年9月21日に医学誌「New England

    消化器・一般外科領域の症例報告で載せられるインパクトファクターの付いた海外学会雑誌名を教えてください。お願いします。 The New England Journal of Medicine, Lancet, Journal of American Medical Associationなどでしょ

    Read: 672
     ·

    The New England Journal of Medicine The most trusted, influential source of new medical knowledge and clinical best practices in the world. Sign In Create Account Subscribe Sign In

    [PDF]

    関連に関する論文が2001年にNew England Journal of Medicine誌に初めて掲載され,そこからIgG4関連 疾患(IgG4-related disease:IgG4-RD)の研究が始 まった。さらに,彼らは硬化性胆管炎で後腹膜線維症 を合併することをLancet誌に報告し 2),IgG4-RDが

    【NEJMカレンダーに渕﨑宇一郎医師が報告した症例が選出されました】 The New England Journal of Medicine(NEJM)に掲載された論文から、NEJM編集部が厳選した写真やイラストを取り上げた2018年カレンダーが発行されています。

    CASTLE AF Study (New England Journal of Medicine、2018;378:417-27.) 低心機能の慢性心不全(左室駆出率35%以下)に合併した症候性心房細動症例を無作為にアブレーション治療群(179名)、薬物療法群(184名)に振り分けた試験です。

    17歳の少年の右眼球内に「吸虫」と呼ばれる寄生虫が侵入し、失明することになったという恐ろしい症例報告が、2017年9月21日に医学誌「New England

    ワクチンなしで狂犬病から生還した15歳の少女の治療経過、世界初の症例報告をNEJM誌が掲載 らは、治療経過の詳細をNew England Journal of Medicine

    New England Journal of Medicine誌に掲載された新たな第III相臨床試験であるELOQUENT-2試験のデータによると、開発段階にあるエロツズマブを多発性骨髄腫の標準治療に追加することで病勢進行リス

    Casey JD, Janz DR, Russell DW, Vonderhaar DJ, Joffe AM, Dischert KM, Brown RM, Zouk AN, Gulati S, Heideman BE, Lester MG, Toporek AH, Bentov I, Self WH, Rice TW, Semler MW. Bag-Mask Ventilation during Tracheal Intubation of Critically Ill Adults. The New England journal of medicine

    2019年11月28日 国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(ncnp) 印刷用pdf(323kb) 視神経脊髄炎を対象とするil-6受容体抗体の有効性を検証する国際共同治験

    New England Journal of MedicineのImages in Clinical Medicineに掲載されました すでにMMWRなどでも日本の風疹のアウトブレイクは報告されていますが、NEJMで日本の現状を伝えられることは意義があるのではないかと思っています。 以前持っていた症例であわや!と

    ワクチンなしで狂犬病から生還した15歳の少女の治療経過、世界初の症例報告をNEJM誌が掲載 米Medical College of WisconsinのRodney E. Willoughby氏らは、治療経過の詳細をNew England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年6月16日号に報告した。

    今日の「 New England Journal of Medicine 」誌に「 Durvalumab after Chemoradiotherapy in Stage III Non – Small-Cell Lung Cancer 」という論文が掲載されていた。 Durvalumab は抗 PD-L1 抗体であり、対象となったのは、第 3 期の局所進行・切除不能肺非小細胞がん患者さんで、かつ、化学放射線治療治療でがんの進行が認め

    The New England of Journal of Medicineという学術雑誌に『Cycling May Help Freezing of Gait in Parkinson’s Disease』という論文が掲載されていました(2010 362(13):e46)。 論文の中で報告された症例は、58歳の男性で、10年前にパーキンソン病の診断を受けていました。

    瞳孔の左下に見える白い筋が発見された吸虫(画像は症例報告の資料映像より) 17歳の少年の右眼球内に「吸虫」と呼ばれる寄生虫が侵入し、失明することになったという恐ろしい症例報告が、2017年9月21日に医学誌「New England Journal of Medicine」で発表された。

    3/13の勉強会ではNew England Journal of Medicineの名物連載であるcase records of the massachusetts general hospitalからCase 20-2014: A 65-Year-Old Man with Dyspnea and Progressively Worsening Lung Disease(N Engl J Med 2014;370:2521-30)を取り上げました。

    The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Journal of the American Medical Association (JAMA)、British Medical Journal (BMJ)、Annals of Internal Medicine (Ann Intern Med) « 記事一覧に戻る

    今回は、New England Journal of Medicineに掲載されたSelinexorに関する臨床試験をお伝えします。 Oral Selinexor–Dexamethasone for Triple-Class Refractory Multiple Myeloma. Chiari A et al, NEJM 2019, doi: 10.1056/NEJMoa1903455

    [PDF]

    New England Journal of Medicine がないか、症例数が少なくないかなど) 多重性によるP値の補正を行なっている場合はその旨を説明すること れている項目についても報告に含めること。

    2年間の初期研修後に奥会津の病院に勤務している時に遭遇した、小児の母指伸筋腱に生じた石灰沈着性腱炎の症例報告です。整形外科の東北地方会で発表し、四苦八苦しながら英文の症例報告としてまとめ、まず整形外科の雑誌に投稿してみました。

    The New England Journal of Medicine. The New England Journal of Medicine. 創刊から200年以上にわたる歴史を有し,世界でもっとも権威ある週刊総合医学雑誌の一つです.医学界のトップジャーナルとして,また情報提供の優れた媒体として,国内外の医師・研究者から高い

    The New England journal of medicine 2019;380:1997-2008. ARDS networkが主体となって行ったRCTで、ARDS患者に対して組み入れから48時間の間の深鎮静+cisatracurium持続投与と神経筋遮断を併用しない浅い鎮静で90日死亡率を比較しています。

    NEJM RESULTS INは、NEJM(The New England Journal of Medicine).orgサイトに掲載された論文の中から、アクセス数の集計結果にもとづき、閲覧数の高いものを対象疾患で括ってご提供しているコ

    [PDF]

    この症例報告は2008 年6月New England Journal Of Medicineに発表されました。このことを端緒に、乳児血管腫の プロプラノロールの有用性が明らかになっていき ます。その後、乳児血管腫へのプロプラノロール 治療が多数報告され、声門下血管腫の報告も散見 され

    [PDF]

    The New England Journal of Medicineに10例 報告している1).その後の研究により,この貧血 の原因は消化管粘膜に形成された消化管血管異 形性(angiodysplasia)と後天性von Willebrand病 2A型(von Willebrand因子の高分子マルチマー の欠如)を併発していることによる消化管

    症例報告の英文上達には、NEJMの「Case Records of the Massachusetts General Hospital」を読むとよいという話を聞いた。 しかし、南江堂で会員にならなければ全文を読むことはできない。 会員になれば過去分も含めてダウンロードできるのかな。

    IMAGES IN CLINICAL MEDICINE. The New England Journal of Medicineの人気コンテンツの一つ、「IMAGES IN CLINICAL MEDICINE」を日本語で提供しています。 このコンテンツは、報告された臨床写真や診断画像の中から、特に目を引く症例を紹介しています。

    サイトメガロウイルス(CMV)感染治療におけるTAK-620(一般名:maribavir)の臨床第2相試験結果が New England Journal of Medicineに掲載

    [PDF]

    技についてNew England Journal of Medicine(NEJM) に本治療法の有効性に疑問が投げかけられる論文が発 表され,その結論は今だ出ていないのが現状である1,2)。 本稿では腫瘍性と骨粗鬆症性圧迫骨折に分けてそれぞ

    [PDF]

    副作用症例報告件数の比較(年間) The New England Journal of Medicine. 2009 Aug 361(7): 645- . Platt R, Wilson M, Chan KA, Benner JS, Marchibroda J, and McClellan M. 2008年5月、FDAはセンチネルイ シアティブにより、多くの既存のデ タシステム(電子医療記録システム、レセプトデ タ

    今回は、2012年12月6日号のN Engl J Medに掲載されました金沢大学臓器機能制御学・リウマチ膠原病内科(金沢大学大学院医学系研究科医学教育センター)准教授、松村正巳先生の症例報告を紹介します。 Matsumura M, Hara S. Images in clinical medicine. Crowned dens syndrome.

    1)新規抗リウマチ楽の一つであるインフリキシマプに関して、本邦独自の重大な肺合併症であるニューモシスチス肺炎について、われわれがイニシアチブをとって組織した研究グループによる対照比較研究の成果が、New England Journal of Medicine誌に掲載された。

    2010年にNew England Journal of Medicineに報告されたランダム化比較試験において,neoadjuvant chemotherapy(NAC)を行った後にinterval debulking surgery(IDS)を行った群は,primary debulking surgery(PDS)を施行後に化学療法を行った群と比較して,全生存期間および無増悪生存